高梨沙羅が53勝で並ぶイケメン選手は誰?Wカップジャンプで話題

この記事は2分で読めます

こんにちは 永希(とき)です。

高梨沙羅選手がワールドカップでスゴイ記録に並ぼうとしています。

W杯の歴代最多勝利記録は男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー(オーストリア)の53勝です。

スポンサードリンク

歴代最多勝利53勝のグレゴア・シュリーレンツァウアーのプロフィール

グレゴア・シュリーレンツァウアー(Gregor Schlierenzauer)


誕生日:1990年1月7日(27歳)
出身地:オーストリアチロル州インスブルック
身長:180cm
体重: 64 kg
最高記録 243.5m(ヴィケルスン 2011年2月12日)

ポール・シュリーレンツァウアーとアンジェリカ夫妻の長男として生まれました。

姉グロリアと弟ルーカスがいます。

彼には生まれつき左の耳に聴覚障害があるそうです。

2013年に母親のアンジェリカと一緒にインタビューを受けています。


出典:madonna http://madonna.oe24.at/

お母さんのラザニアは、世界で最高なのだそうです(^^)

3度のルージュオリンピックメダリストである叔父のマルクス・プロックと幼い頃から一緒に滑っていました。

8歳の時からスキージャンプを始めて、輝かしい成績をおさめています。

主な冬季オリンピックの成績
2010バンクーバー ノーマルヒル個人・ラージヒル個人 銅メダル
2010バンクーバー ラージヒル団体 金メダル
2014ソチオリンピック ラージヒル団体 銀メダル

W杯53勝目は、2014年12月6日ノルウェーのリレハンメルで達成。

その後、2014年12月を最後にW杯で優勝がなく、成績不振が続いて2016年1月に休養を宣言していました。

さらに、2016年3月にはカナダでのスキー旅行中に右膝の十字じん帯を断裂してしまったそうです。

今年に入ってカムバックしてきたのですが、W杯ドイツのオーベルストドルフで行われた男子個人第20戦の予選でひどい転倒をして負傷しました。

MRI検査で右膝の側副靭帯の表面損傷が診断され、さらに、胸と右大腿に打撲傷を負いました。

また、長期の離脱を余儀なくされました。


「強くなってカムバックする」て投稿されていました。

2013年に通算50勝に到達し、2度目のワールドカップ総合優勝を達成しています。

でも、男子は層が厚いのでカムバックしてきても、54勝はなかなか大変だと思います。

伊東大貴選手との2ショット♪

Daiki Ito and me after successful qualification #wczakopane

Gregor Schlierenzauerさん(@gregorschlierenzauer)がシェアした投稿 –




スポンサーリンク


高梨沙羅が歴代最多勝利53勝に並ぶ?

女子ワールドカップ第17戦平昌大会では、 伊藤有希が優勝。

53勝は逃してしまいましたが、2位で22季連続の総合優勝をしました。


一発勝負に弱いとの周囲から心配されていますが、53勝すれば1年後の平昌オリンピックへの自信になると思います。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 澤穂希
  2. 加藤岬
  3. 風間歩佳
  4. 大堀彩
  5. 大阪女子国際女子マラソン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。