金城伶於(神村学園)の小学校中学校は?身長体重や彼女も

この記事は2分で読めます

こんにちは 永希(とき)です。

今日は、1日テレビで高校野球観戦をしています♪

どの試合も白熱していて、どちらも勝たせてあげたい気持ちになってしまいます。

第三試合の明豊と神村学園は劇的な試合終了になってしまいました。

サヨナラ押出フォアボールの神村学園のピッチャーがイケメンでした。

と~っても気になったので調べてみました。

スポンサードリンク


金城伶於(神村学園)のプロフィール



名前は、金城 伶於(きんじょう れお)

生年は、2000年

出身地は、沖縄県糸満市

出身小学校は、沖縄県糸満市潮平小学校

出身中学校は、潮平中学校です。

少年野球チーム「パークタウン阿波根」から「安仁屋ヤングスピリッツ」に所属していました。

身長・体重は、176cm・65kg

投・打は、右・右

2017年は、控えピッチャーです。

2017年の甲子園では、厳しい状況でのピッチングでしたね。

最後の打者に対して、3ボールからポンポンと2回ストライクを取ってフルカウントにした場面はドキドキしました~。

ストライクが入った時の金城投手の笑顔が可愛かったですね♪

残念ながら、最後に投げた球はボールになってしまいました。

田中捕手がなんとかストライクで捕ろうとした気持ちがよくわかりました。


金城伶於(神村学園ピッチャー)に彼女はいるの?

元巨人の投手の定岡正二さんがいらっしゃいますが…

定岡正二さんが高校野球に出場していた頃を思い出させるような二枚目さんです。


同じこと考えてる人がいた~!

定岡正二さんは、甲子園で物凄い人気だったんですよ~。

きっと、金城投手もモテるでしょうね~。

彼女がいるのか調べてみましたが、残念ながらわかりませんでした(T_T)


スポンサーリンク



金城伶於(神村学園)に対するファンの声

金城投手がピンチになった時に、小田大介監督は1塁手と3塁手のポジションを変更されました。

あれ?伝令出して間を取ってあげた方が良くない?って思ったのですけれど。

一回、マウンド上で皆が集まって声を掛け合うことをしても良かったのではないかな~って思いました。

試合終了後、小田大介監督が泣いている金城投手を支えるように歩いていました。

負けて支えるんじゃなくて、ピンチの時に支えてあげて欲しかったな~。

ネットでも金城投手の好投についてあがっていますね。





イケメンで笑顔が可愛いと評判なのです~。

私もそう思って急いで調べました(笑)

まだ、高校2年生なので、来年の春、夏の甲子園が楽しみです。

成長して、また凛々しい姿を甲子園で見せて欲しいです♪

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 堀江美里
  2. 早川翼
  3. 鬼塚翔太
    • 高校野球おやじ
    • 2017年 8月19日

    神村学園、選手は良くやったと思います。8-5で迎えた延長12回裏。2点やっていいということを監督が伝令を出して
    でも選手に再認識させるべきだと思う。2死から連打で一塁、二塁。打者がホームラン打たない限り2人が帰ってきても
    1点差。臭いとこをついて結局四球。投手に取って一塁二塁と満塁はプレッシャーが段違い。
    押し出ししたらどうしよう、パスボール、ワイルドピッチ、犠牲フライでも1点入る……。経験が俄然、ビビってしまう。3点リードで迎えた二死一塁二塁。あそこは「打たれたらゴメン!」でど真ん中に投げさせればいいんです。長打を打たれても、最悪2点返されて二死一塁。その後、気持ちをリセットし、次の打者に向かって行けばいいんです。
    明豊は下位打線、2人続けて長打なんてそうはない。監督は伝令を出すべき。選手はテンぱッてるからそこまで頭が回りません。

      • fontanafj
      • 2017年 8月22日

      コメントありがとうございます。

      伝令出した方が良かったですよね。
      結果論になっちゃうかもしれませんが(^^;)

      選手はテンパっちゃいますよね。
      監督さんも若さが出てしまったのかなぁ
      って思いました。

    • 高校野球おやじ
    • 2017年 8月19日

    神村学園、選手は良くやったと思います。8-5で迎えた延長12回裏。2点やっていいということを監督が伝令を出して
    でも選手に再認識させるべきだと思います。
    2死から連打で一塁、二塁。打者がホームラン打たない限り2人が帰ってきても1点差。
    結果、臭いとこをついて結局四球を出して満塁になってしまった。
    投手にとって一塁二塁と満塁はプレッシャーが段違い。
    「押し出ししたらどうしよう、パスボール、ワイルドピッチ、犠牲フライでも1点入る……。」経験が浅い下級生は、俄然、ビビってしまう。
    3点リードで迎えた二死一塁二塁。あそこは「打たれたらゴメン!」でど真ん中に投げさせればいいんです。長打を打たれても、最悪2点返されて二死一塁。その後、気持ちをリセットし、次の打者に向かって行けばいいんです。
    明豊は下位打線、2人続けて長打なんてそうはない。監督は伝令を出すべき。選手はテンぱッてるからそこまで頭が回りません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。