京都の梅雨明け予想!2017年はいつ?

この記事は2分で読めます

こんにちは 永希(とき)です。

今年の休日はなにかしらバタバタしていて家にいることが減りました。

普段、会社員で留守をしているので、布団干しは休日の仕事なんですけど(^^;

やらねば~と思っているうちに梅雨に入ってしまいました。

この時期は、休日と天気のにらめっこになっちゃいますので厳しいです。

今年の梅雨明け時期はいつ頃なのか?

過去のデーターから予想してみます。

スポンサードリンク

京都の梅雨入り2017はいつ?

我が家では、遊びに行く時の天気が雨だと急にテンションが下がります。

あじさいの花を観に行くとかだったら、仕方ないですけどね。

日本には四季があるので、暦で季節が変わったお知らせが出来るんですね。

梅雨の時期が始まることを梅雨入りや入梅(にゅうばい)と言います。



特に宣言しなくとも、梅雨に入ったことで、春が終わって初夏になったと感じることが出来ますよね。

日本の良いところだと思います。

2017年の京都の梅雨入りは、6月7日でした~。

2016年の梅雨入りは、6月4日、2015年の梅雨入りは6月7日でした。

ほぼ例年通りという感じですね(^^)


京都の梅雨開け2017はいつ?

今年の梅雨の傾向は、雨量が多く、蒸し暑いと言われています。

でも、ワタシ的には毎年同じだと感じてます。

ここ数年は、短時間でものすごい量の雨が降る「ゲリラ豪雨」が増えているので気をつけたいところです。

私は、外を歩くことが多いのですが、幸い「ゲリラ豪雨」に出会う回数がものすごく少ないのでラッキーかもしれません。

遊びに行く日は天気が良い方が嬉しいです。

京都では、出来れば傘を持って観光をしたくないので特に気になります。

今年の梅雨開けはいつ頃でしょうか?

2016年は、7月18日頃、2015年は、7月21日頃でした。

今年の梅雨入りは、特に変わった気候ではありませんでした。

ということは、梅雨明けが大きく変わることはなさそう。

例年並みに、2017年は7月16~22日の間で梅雨明けするかもしれませんね。


スポンサーリンク


梅雨の時期の祇園祭について

日本の三大祭のひとつと言われる「祇園祭」。



祇園祭の日程
前祭(まえまつり)
7月10日~14日 山鉾建て
7月12日~13日 曳き初め
7月14日~16日 宵山
7月17日     山鉾巡行
後祭(うしろまつり)
7月18日~21日 山鉾建て
7月20日~21日 曳き初め
7月21日~23日 宵山
7月24日     山鉾巡行

丁度、後祭の時期に梅雨明けですね。

蒸し暑い京都の夏の始まりと感じる行事です。

勤めているので、まだ行ったことがないんですよねー。

一度は、行ってみたい伝統的な行事です(^^)

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。