松たか子(カルテット)思い出の軽井沢の喫茶店はどこ?おススメの味は?

この記事は2分で読めます

カルテット

こんにちは 永希(とき)です。

軽井沢ってまだ行った事がないんです。

土地勘が無いので、実は場所もよくわかっていません(^^;

素敵なお店が多いって風のウワサで聞きますけれど。

今回は、TBSドラマ「カルテット」に出演の松たか子さんがインタビューで語っていた思い出のお店が気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

松たか子(カルテット)思い出の軽井沢の喫茶店はどこ?

松たか子さんのお家は、歌舞伎の家系です。

家族揃って旅行へ行くという事がほとんどなかったのだそうです。

数少ない旅行は、軽井沢に行くことが多かったとのこと。

松たか子さんは、カルテットのインタビューでこのように話をされていました。

軽井沢に行ったら「あれを食べるんだ!」っていうお決まりのモノだった。
今回寒いですけど、でも寒い時に結構冷たいモノ食べたくなるじゃないですか?
やっぱり久々に「食べたいなぁ」と思います。

松たか子さんの家族で旅行に訪れた時にいつも行くお店。

ミカド珈琲 軽井沢旧道店です。

ミカド珈琲店とは

1948年に創業者金坂景助が東京・日本橋に開業した際に彼は舶来品であり、まだ一般庶民にとっては高くて口に入りづらかった「コーヒー」を先見の目を持って「将来は諸外国並みに気軽に飲める時代がくる」と予測していました。
「コーヒー豆は外国から入ってくるが、その生豆のコーヒーを焙煎して、実際に飲めるように手がけるのは日本人。
そして日本人が焼いたコーヒー豆を、日本人が飲む」。
金坂は、外国の飲み方、味をそのまま提供するのではなく、日本人の味覚にあったコーヒーの味、飲み方があるのではないかという考えにたどり着きました。
出典:ミカド珈琲 http://mikado-coffee.com/


スポンサーリンク


松たか子(カルテット)おススメの味は?

ミカド珈琲店軽井沢旧道店には、著名人が多数訪れています。

1976年から1979年にかけて、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの夫妻も訪れています。

松たか子さんオススメの味は?

コーヒー風味のソフトクリーム モカソフト

テイクアウトでは、コーンに乗せて

モカソフト
イートインでは干しプラムを添えたグラスカップで出て来ます。

モカアイス
モカソフトの特徴は、自社焙煎した新鮮なコーヒー豆を使いひとつひとつ丁寧に作成しているそうです。

コーヒーの香りと苦味とミルクの甘さがベストマッチしていると評判です。

松たか子さんにとっては、思い出の味なのだそうですよ。

写真を見るだけでも、美味しさが伝わってきますね。

軽井沢に行かなくても、ミカド珈琲店に行けば食べてにいけるみたいなので、機会があれば食べに行こうと思います。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. peyoung_chocolate-giri
  2. 四季島
  3. わさび 難波
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。