大阪・和歌山の寝台列車風ホテルとは?値段や予約方法を予想(2017秋開業)

この記事は2分で読めます

こんにちは 永希(とき)です。

東京へ行く時の宿泊先はいつもカプセルホテルを利用しています。

最近は、レディースフロアのあるカプセルホテルがあるので助かります。

カプセルホテルの良いところは、何と言っても宿泊費が安いことですね。

シャワー室やメイクルームなどの設備が充実している店舗もあります!

でも、閉塞感があるのがニガテな方には向いてないかもしれません。

カプセルホテルとビジネスホテルの中間にあたり、 キャビン(お部屋)を利用する簡易宿泊施設の『コンパクトキャビンホテル』があります。

従来のカプセルよりも広い個室(1室約2畳半)でキャビン内で着替えもできます。

今年の秋に大阪の天王寺と和歌山に、寝台列車風のデザインのキャビンホテルが開業されるそうです。

今の寝台列車は、ゴージャスな内装の列車で、まったく別なものになってしまった印象です。

動かないけれど、昔の寝台列車を思いだすのに丁度良いかもしれませんね。

どんなホテルなのか調べてみました。

スポンサードリンク

大阪・和歌山の寝台列車風ホテルとは?

JR西日本ファーストキャビンが、寝台列車の個室をイメージしたキャビンスタイルホテルの新ブランド「ファーストキャビンステーション」を今年の秋に開業します。

部屋のタイプは2種類です。

・ファーストクラスキャビン
120cmセミダブルベッド
サイズ:W2.1m D2.1m H2.1m
床面積:4.4㎡



・ビジネスクラスキャビン

立てるカプセルホテルという印象
サイズ:W1.2m D2.1m H2.1m
床面積:2.5㎡


ファーストクラスキャビンは、ゆとりをもって生活できますね。

ビジネスクラスキャビンは、立てるカプセルホテルという感じ。

選べるのが良いです。


スポンサーリンク


大阪・和歌山の寝台列車風ホテルの場所

2017年秋頃に大阪阿倍野と和歌山にまず、店舗ができます。

ファーストキャビンステーション あべの荘
・所在地:大阪市阿倍野区
・最寄駅:JR天王寺駅
・キャビン数:約120(予定)

ファーストキャビンステーション 和歌山駅
・所在地:和歌山市
・最寄駅:JR和歌山駅
・キャビン数:約70(予定)

まだ、詳細場所までは公開されていないみたいですね。

阿倍野にあると関西空港とのアクセスが良くなります。

立地が良いので宿泊費がお高くならないか心配です(^^;


大阪・和歌山の寝台列車風ホテルの値段や予約方法を予想!

まだ開業していないので予約方法や宿泊費がいくらになるのか予想してみました。

ファーストキャビンは、飛行機のファーストクラスを意識した部屋づくりをしています。

飛行機のファーストクラスから新台列車風のホテルにデザインが変わるだけだと思います。

楽天トラベルでは飛行機ファーストクラスのキャビンホテルの価格は、5,900円のようです。

安い~!

今週、東京で一泊するのですが、滞在費の経費が1万円しか出費されないので、ビジネスホテルを探すのを苦労しました。

ビジネスマンには嬉しい価格です。

予約は、楽天トラベルやじゃらんnetを通して予約するのではないかと思います。

ホテルのオススメプランだったら5,900円よりも安くなる可能性があるので、終電逃しそうな時に使っても良いですね。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。