鳥羽水族館電撃ビリビリクリスマス2016の開催期間は?感想も!

この記事は2分で読めます

鳥羽水族館

こんにちは 永希(とき)です。

12月に入ってもまだ冬の厳しい寒さが来ていなかったのでホッとしていました。でも、ついにというか…今日の夜から少し冷たい風が吹いて寒く感じています。

私は、三重県名張市に住んでいますが、大阪市内で勤務しています。名張市と大阪市内との気温差で毎年悩んでるんですよ。大阪市内で生活していたことがある、お華の先生と「コート1枚分は気温が違うよね!」と毎年同じ話題になっています。

毎年、冬は完全防寒してますが、大阪市内では着込み過ぎなので気をつけないと(^^;寒さがニガテな私ですが、寒さが吹っ飛ぶ楽しいイルミネーションの催しは大好きです。

鳥羽水族館でもイルミネーションを使った楽しそうなクリスマスのイベントがあるので調べてみました。

スポンサードリンク


なんと!水族館にいるアレが電気を作る!電撃ビリビリクリスマス

タイトルが衝撃的ではないですか!
一体どんなクリスマスなんでしょうね?


水族館内のFコーナージャングルワールドにデンキウナギの発電ツリーが設置されます。高さ4mのツリーに飾られた約1000球のLEDライトが点灯します。

この点灯の電気を作るのは、電気うなぎ!点灯時間は、営業時間内9:00~17:00です。

クリスマスツリーはあるの?キャラクターは出てくるのかな?

エントランスホールにはビッグクラゲツリー(画像左側)がありますよ。
高さ5m、LEDライト約6000球を使用した迫力のツリーです。

鳥羽水族館 右側は電気うなぎで発電するツリー。
出典:鳥羽水族館 http://www.aquarium.co.jp

鳥羽水族館には、ラッコのキャラクターぷかり」と「ふわり」がいます。
鳥羽水族館 出典:中日新聞プラス http://chuplus.jp/
土日祝日の12:30から約20分間、サンタの格好をしてお客さんの前に登場します。
メインストリートをお散歩し、一緒に記念撮影もできますよ♪
お見逃しなく!


スポンサーリンク


開催期間は?アクセスと混雑具合は?

期間は、11月26日~12月25日。年中無休。

12月12日(月)~18日(日)の1週間、「鳥羽市民感謝ウィーク」です。
この期間中は館内および駐車場の混雑が予想されます。
それ以外の日は、調べてもわかりませんでした。

【電車で行く場合】
名古屋→鳥羽「近鉄特急」で約1時間35分
大阪難波→鳥羽「近鉄特急」で約2時間
京都→鳥羽「近鉄特急」で約2時間13分
JR「快速みえ号」1時間40分
JR・近鉄鳥羽駅から徒歩約10分

【自動車で行く場合】
伊勢ICから国道42号線で30分、伊勢ICから伊勢二見鳥羽ラインで15分です。

【料金】
大人:2,500円
小人(小・中学生):1,250円
幼児(3歳以上):630円
シニア割引(65才以上):2100円

鳥羽水族館は、何度か訪れています。
飼育種類数日本一の水族館なんですよ。
何回見てもジュゴンやラッコは可愛くて、いつまでも見ていられます。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 清水健アナ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。