きざみ海苔(東海屋)にノロウィルスを感染させた下請け業者は?

この記事は3分で読めます

こんにちは 永希(とき)です。

立川市の小学校で起きた集団食中毒の原因は、きざみ海苔だったということで皆ビックリしましたよね?

食中毒ってナマモノというイメージがあります。

乾燥しているきざみ海苔、しかも袋に充填されている状態。

ここにノロウィルスが感染していたら怖いです。

これ、たまたま立川市の給食センターで使用したきざみ海苔が保管されていたからわかったことなんですって。

同じきざみ海苔で食中毒を起こした和歌山では、残っていなかったので保健所では特定できなかったとのこと。

東海屋はきざみ海苔の加工を下請け業者にまかせていましたが、この業者がとんでもなかった!

スポンサードリンク

きざみ海苔(東海屋)にノロウィルスを感染させた下請け業者は?

東海屋の下請け加工業者は、大阪市北区の「いそ小判海苔本舗」片木健雄(かたぎ たけお)という個人業者でした。

70代くらいの老人が1人で作業している小さな下請けです。




インタビューの話を聞いていると、普段から作業は素手でしていたそうです。

理由は、手袋をしたら海苔を裁断する時に1枚ずつ取れず数枚取れちゃうから。




衛生管理という概念はこの業者にはなかったですね。

きざみ海苔の加工業者の衛生管理の方法は?

インタビューでの発言がまたまた驚きなんです!

ノロウィルス流行ってましたね。
一応、やっぱり多少吐き気がした時期がありました。
たまたま、ノロウィルスの菌があったのが問題でね。
なかったらこんな事件は生じないです。

反省どころか、まるで開き直っているのか?

そもそも事の重大さに気が付いてないのか?

ノロウィルスに感染したら1日から2日で症状があらわれます。
主な症状は吐き気、嘔吐、下痢等で通常1日から2日で軽快します。
ノロウイルスは、症状がなくなっても1週間程度は便の中に出てきます。

おそらく、1日~2日で軽快したので作業を続けたんでしょうね。

ノロウィルスに小さい子が感染したら、たまたま、体力が弱っていたり免疫力が下がってたりしていれば死亡する可能性があります。

もし、死者が出ていたら業務上過失致死といっても間違いではないくらいの重大なことなんじゃないでしょうか?

業務上過失致死罪

業務上過失致死罪は、社会生活での活動で行われており、人の生命や身体に危害を加える危険性がある業務で、反復継続されて行われていることを言います。業務上過失致死罪の刑罰は【5年以下の懲役/禁錮/100万円以下の罰金】と、一気に刑罰も重くなります。



今回は、死亡者が出なかったことだけでも不幸中の幸いといっていいかもしれません。


「東海屋」の田中健二社長はこの件に関して

衛生管理の指導が十分できていませんでした。
大勢の方を不安にさせ、大変申し訳なく思います。
早急に回収をはかり、これ以上の被害の拡大を防ぎたいです。

一般的な話ですが老人になると、認知機能の低下などがあって、衛生面にむとんちゃくになる人も出てきます。

「東海屋」が、この業者が老人で1人で作業しているという事に対して、まかせっきりにしていたのがそもそもの問題点ではないでしょうか。

商品回収中です。




最近は、過剰なくらいの清潔志向になっています。

こんな事件が起こるから、心配性になってしまう部分もあるんじゃないでしょうか。

人の口に入る食品を扱っているという意識をもう少し高く持って従事して欲しいです。

関連記事
東海屋(大阪海苔)の商品名は?立川食中毒

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. tokyohilton
  2. 清水健アナ
  3. 氷室白桃
  1. この記事へのコメントはありません。