ウイリアムソン師円(スピードスケート)の中学高校や身長は?妹や彼女についても

この記事は3分で読めます

こんにちは 永希(とき)です。

冬のオリンピックの花形スポーツといえば…最近は色々な
スポーツが増えたのでたくさんありますね。

昔からの花形のひとつに、スピードスケートがあります。

滑る時のフォームなんか、ずっと腰曲げていて辛そ~と
思いながら観戦しています。

今回の平昌オリンピックでは、男女あわせて16人の選手が出場
するのでどれも気になる!

その中で、今回はイケメンのウイリアムソン師円選手を調べて
みました(^^)

スポンサードリンク



ウイリアムソン師円(スピードスケート)の中学高校や身長は?

ウイリアムソン師円(しえん)選手は、
1995年04月28日生れ22歳


出典:公益財団法人日本スケート連盟

血液型は、O型です。

身長・体重は、176cm・76kg

ベストタイムは、
1500m  1.44.90
5000m  6.18.74
10000m 13.25.69

現在は長野県にある日本電産サンキョーに所属しているので、
長野県下諏訪町在住です。

出身は、北海道北海道浦河町。

6歳ごろからスケートを始め、浦河東部スケート少年団で活躍。

浦河町立浦河第二中学校の3年の時、全国中学500メートルで3位に
入賞しました。

スポーツ万能選手のようで、中学生の時は、スケート以外に
陸上と軟式野球もしていました。

軟式野球では1番・捕手として北海道で準優勝しています。

山形県立山形中央高等学校に進んでからは、高2の高校総体で
1000mと1500mで2位。

高3から本格的に長距離に転向し、10月の全日本距離別選手権で
3000mと5000mで優勝しています。

1992年アルベールビルオリンピック以来22年ぶりの高校生代表で
出場したソチオリンピックに続いて、平昌オリンピックの2大会
連続出場です。

ソチオリンピックの時は、父の母国オーストラリアから代表入りの
打診があったそうです。

日本代表を選んでくれてありがとう~(^^)

スポンサーリンク


ウイリアムソン師円(スピードスケート)の妹は?

元騎手のオーストラリア人の父、ポールさん(48歳)は競走馬の
調教師として働いています。

日本人の母、啓子さん(54歳)の間に生まれました。

家族は両親と兄、姉、妹とにぎやかな家庭で育ったんですね(^^)

名前の由来は、父ポールさんが好きな西部劇映画「シェーン」
から師円となったのだとか。

兄と姉の情報はありませんでしたが、ご本人のインスタグラムで
お姉さんのお子さん、姪っ子を披露していました。

Shane Williamsonさん(@40_will)がシェアした投稿



妹のウィリアムソン・レミもスピードスケートの選手で、
ジュニア強化選手Aです。


出典:公益財団法人日本スケート連盟

2000年01月14日生れの18歳

血液型は、兄と同じO型です。

身長は166cm。

山形中央高校の生徒です。

ベストタイムは、
1500m 2.05.01
3000m 4.17.82

高1の時に、全国高校総体で女子団体追い抜き(チームパシュート)で
大会初出場し、2位となっています。

「兄と同じ世界の舞台で活躍したい」という希望を持って
頑張ってらっしゃいます。

ウイリアムソン師円(スピードスケート)に彼女はいる?

ウイリアムソン師円選手は、ダブルということもあってイケメンです。

Shane Williamsonさん(@40_will)がシェアした投稿



彼女がいてもおかしくないと思いますw

むしろ、いない方がおかしい!と思って調べてみましたが
残念ながら情報がありませんでした。

前回のソチオリンピックの時は、5000mで26選手中、最下位の
26位に終わってしまいました。

その時の悔しさを味わって4年間吐くまで練習してきたそうです。

念願のオリンピックの舞台で再挑戦ですから、彼女どころじゃ
ないかもしれませんね。

ウイリアムソン師円選手の意気込みはこちらです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 石田和也
  2. 伊藤舞
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。