吉永一貴(ショートトラック) の 中学高校は?身長体重や母親や彼女についても

この記事は2分で読めます

こんにちは 永希(とき)です。

平昌オリンピック開幕まであと21日になりましたね。

平昌オリンピックは、ネガティブな話題が多いように思いますが
試合自体はとっても楽しみにしています。

ショートトラック男子5000mリレーが注目です。

メンバー4人の中に最年少の選手がいるので調べてみました。

スポンサードリンク



吉永一貴(ショートトラック) の 中学高校や身長体重は?

吉永一貴(よしながかずき)選手。



出典:公益財団法人日本スケート連盟

1999年07月31日生まれの18歳です。

五輪開会式時にショートトラック史上最年少(18歳193日)になります。

血液型はA型。

身長173cmです。体重はわかりませんでした(^^;

生まれてから今まで愛知県尾張旭市に住んでいます。

名古屋経済大学市邨(いちむら)高等学校に通っています。

こちらの学校は、私立中高一貫校です。

吉永一貴選手は中学校からこちらの学校に通っているんだと
思います。

小学校は、尾張旭私立白凰小学校です。

小学校のブログでオリンピック出場をお祝いして横断幕を
飾っている記事がありました。



出典:http://www.owariasahi.jp/hakuhou-e

4歳でスケートを始めて、ショートトラックは中学2年生から
取り組みました。

2017年12月17日に開催された「スピードスケート・ショート
トラック・全日本選手権」では、500m1位、上位選手のみで戦う
3000mスーパーファイナルを制するなどで、2年ぶりの総合優勝しました。

日本記録を3つ持っています。
500m:40.657
1000m:1:23.518
1500m:2:09.240

中学生の頃から上位の成績を取ってきた吉永一貴選手。

どんな環境で練習してきたのでしょうか?

スポンサーリンク


吉永一貴(ショートトラック) の母親は?

吉永一貴選手の母親は、五輪種目採用前に全日本選手権3連覇
していた美佳さん(旧姓・加藤、58歳)

美佳さんの妹で、吉永一貴選手の叔母、美善さん(55歳)は
スピードスケートで1980年レークプラシッド五輪に史上最年少で
出場し、世界選手権総合優勝2回しています。

母親姉妹のDNAを引き継いでいるんですね。

それと練習方法や精神面の強化も強い母親姉妹から受け継いだのかも。

ズット親子二人三脚で歩んできました。

中1の2012年から全日本選手権に出場し中3で全日本距離別1500mで優勝。
ユース五輪リレハンメル大会500mで銀メダル。

今春からは母子で強豪国の韓国に住み込み力を高めたそうです。


行った成果がオリンピック出場という結果で返ってきました(^^)

吉永一貴選手は右の頬にケガがあります。

中2の時に転倒した選手のスケート靴の刃が刺さってしまったそう。

痛そうです~(TT)

パックリ開いた傷口を10針縫ったそうですが美佳さんは
「顔で良かったね」

足だったら競技に影響が出ますものね~(^^;

吉永一貴(ショートトラック) の彼女は?

吉永一貴選手の高校は、男女共学です。

イケメンなのでモテそうです(^^)

でも、今春からずっと母親と2人で韓国に滞在していたので
彼女作るヒマないのではないかなぁ。

情報もまったく見つかりませんでした。

平昌オリンピックでは、500m、1500mと男子5000mリレーに
メダルの期待がかかります。

怪我なく、コンディション整えて良い成績が残せますように。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014大阪国際女子マラソン
  2. 加藤岬
  3. 宇都宮亜依
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。