夏至はいつ?2018年の暦と食べ物の風習や由来について

この記事は3分で読めます

こんにちは 永希(とき)です。

今年の春は、冬から初夏になったように一気に季節が
変ったという感じでしたね。

地元では、4月8日が桜まつりなのですが、今日で
ほとんど散ってしまいました(^^;

少し寒の戻りがありますが、あっという間に暑い日を
迎えるんでしょうね。

日本は、自然の移ろいとともに生活しています。

カレンダーには二十四節気や旧暦、六曜などが書かれて
いて、普通に生活していても気になることがあります。

季節の情報に囲まれて暮らしているんだなぁ~って
改めて思います。

今回は、二十四節気のひとつ、「夏至」について
調べてみました。

スポンサードリンク



夏至はいつ?

今年の夏至は、2018年6月21日になります。

1年で昼間が最も長く、夜が最も短い日です。

以前、仕事で6時過ぎに家を出ていた頃、冬至だと朝なのに
深々とした夜模様でした。

夜に家を出て、夜に家に戻るという感じで暗い時間が
長くなると気持ちも暗~くるので夏至の方が好きかな…。

2018年の夏至の暦は?

二十四節気(にじゅうしせっき)の10番目が夏至にあたります。

二十四節気とは、1太陽年を日数(平気法)又は、太陽の黄道上の
視位置(定気法)によって24等分し、その分割点を含む日に季節を
表す名称になります。

例えば、夏至の他には、1番めが立春から始まり、雨水、啓蟄、
春分などがあります。

現代では、6月21日あたりが夏至になりますが、旧暦では5月7日頃。

夏至の意味や由来は?

夏至にあたる旧暦の5月初旬は、農家は田植えに忙しくなる時期です。

冬至と比較すると、昼間の時間差は4時間以上もあります。

2018年の日の出と日の入りの時間は、

東京ですと日の出が4:25頃、日の入りは19:00
大阪は、4:45頃と19:14頃になるようです。

昼の時間はおおよそ、14時間15時間くらいになります。

昼間が明るいのは良いですね。

1日得した気分になりませんか?(^^)

夏至の食べ物の風習とは?

冬至のかぼちゃのようなポピュラーな食べ物がありません。

小麦餅を食べるという話もありますが、実際にテレビ
ニュースとかで観たことがありません(^^;

夏にお餅を食べるというのも変わっていますね。

小麦餅を食べるのは、農業に関係しています。

夏至から数えて11日目の7月2日~7月7日頃までの
5日間を半夏生といいます。

田植えは半夏生に入る前に終わらせるものとされており、
農作業の大切な目安とされています。

半夏生過ぎると秋の収穫が減るといわれてきました。

夏至から半夏至にかけて農家は大忙しの時期だったんですね。

半夏至までに田植えが終わって田植えの無事に感謝し、
皆で労をねぎらう風習があったそうです。

二毛作をしていたので、小麦の収穫時期は6月初旬になります。

旬になる小麦を使って餅を作りました。

餅は、小麦ともち米を半分ずつの分量で作ります。

出来上がった小麦餅は、神様にお供えして豊作を祈りました。

関西では、出来上がった餅にきなこをまぶしたり、黒蜜や
砂糖をかけて頂きます。

奈良では室町時代からこの習慣があったそうですよ。

関東では、焼いて食べるそうです。

「さなぶり餅」とも呼ばれていますが、素朴な感じ。

津遊さん(@gallery_toyou)がシェアした投稿



関西ではタコを食べる風習があるという風に言われていますが
私は初耳です(^^;

これも農業に関係していて、タコの8本の足のように稲が
八方に根を張るようにという意味があります。

尾張地方では無花果(いちじく)田楽を食べる風習があるそうです。

yukaさん(@6.14.15_yuka)がシェアした投稿



三河地方はイチジクの生産地だそうで、不老長寿の果物だと言われて
います。

さらに味噌煮込みうどんや味噌ダレなど赤味噌文化があります。

やっぱり田植えが終わって、一段落してイチジクを田楽にして
皆で豊作祈願したのではないかと推測してみました。

同じように農業の神様への感謝と労へのねぎらいで福井県では焼き鯖
香川県ではうどんを使っていたと言われています。

スポンサーリンク


夏至の時に開催されるおまつりとは?

三重県二見浦(ふたみうら)には、海の中に夫婦岩があります。

その夫婦岩から朝日が登るのですが、夏至の日の前後2ヶ月
しかみられない貴重な日。

また二見浦では6月21日に「夏至祭(げしさい)」が行われます。


出典:観光三重

夫婦岩の間から差し昇る朝日浴びながら、約300人くらいが海の
中で禊を行います。

まだ海の水は冷たいかもしれませんね。

でも、心身ともに清められた気持ちがスゴクするかも。

今回夏至について調べてみました。

普段の生活では、カレンダーに夏至と書かれていると気づいても
特になんの影響も感じていませんでした。

夏至を調べていて昔は、もっと自然とともに暮らしていたんだな~と
最近、自然から離れつつある暮らしをちょっと反省。



スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。